気が付かれなかった取り替え子

ここは、とある人物の出来事が手記として現れる、隙間の世界です

子供の頃の夢

 幼稚園の時、誕生日のたびに聞かれた「将来の夢」は、いつも適当に答えていた。

 あの頃は特に大人になったらなりたい事なんてなかったし。

 

 ちゃんと、将来の夢。という物が出てきたのは小学校高学年くらいからだ。

 私は主婦になりたかった。

 私と、旦那さんと、子供達で一緒に暮らす。

 何にもなくていいし平凡で構わないから、そんな家庭を持ちたかった。

 

 小説家にもなりたかった。

 それは本が好きだから。という、よくあるらしい理由ではなくて、お話を頭の中で考えるのが好きだから。という理由だったけど。

 

 だけど、どちらの夢も私には叶える事ができないと知った。

 気が付いてしまった。

 嫌でも痛感してしまった。

 

 だから私は諦めた。

 

 

 ただ、BBSを見ている時に『子供の頃の夢はまるで呪いだよ。諦めたくても諦められない』

 なんてレスを見た事があるけど、確かにそうだな。と今でも時々感じる。

 

 

 でも、幸か不幸か叶った将来の夢もある。

 それは『遊び人』だ。

 本当の意味での遊び人ではないし辛い記憶が多いけれど、見方を変えれば私は適当に、だけどちょっとした遊び心と本心で言った『遊び人』になったと言える。