気が付かれなかった取り替え子

ここは、とある人物の出来事が手記として現れる、隙間の世界です

もう少し自分の頭で考えろよと

 幼稚園の頃、私が何かが切っ掛けで癇癪を起したか、ふざけたかで「ショートパンツはいらない、捨ててよ」と言った事がある。

 すると母親は分かったと言った。

 一応書いておくけども、もちろん私は当時それを本気で言ってないし、母親も分かったとは言っても本当に捨てないだろう。

 まぁ、隠すくらいはするかもしれないけど。

 的な事は考えていた。

 でも私の考えは甘かった。

 あの母親(アマ)マジで全部捨ててたよ。

 発覚したのは幼稚園の運動会の時、ショートパンツ履かなきゃならないって時、

「○○(私)が捨ててって言ったから全部捨てたよ」

 と母が抜かした時だ。

 いや、確かにタンスとかからは消えてたけどさ。

 ちなみにショートパンツは母親が、私と同い年くらいの娘さんがいる人から借りてきて、使った後返したよ。

 それと、我が家はけして裕福ではない家庭だった。

 そして当時私は『いや、おかしいでしょ? だって子供の言う事だよ?? 私幼稚園児だよ??? そんな子供の言う事真に受けて言いなりになっちゃうの?」

 とか、本当にこんな風に考えてたよ。何となく子供の考える事じゃない気もするけど。

 

 これがある種の教育なのか、そうではないのか実際の所分からないが、私にって母親は人間に近いくせにバグだらけ、おまけに応用力や他人の気持ちを考えるという事をしないAIだ。