気が付かれなかった取り替え子

ここは、とある人物の出来事が手記として現れる、隙間の世界です

障害者を支援する集まり③

障害者を支援する集まり②

 

 お菓子を作って販売しているこの障害者の事業所、まだまだまだまだ色々やっていた。

 

「○○(40になる男性利用者)さんと似合いそうだね。他の職員とも話してたの」「どういう人がタイプなの?」などの会話を職員が私と男性利用者さんにして、露骨に恋人にしたがる。

 その後こうした行為が切っ掛けの一つとなり、私と40男利用者が仲良くなると、「○○(職員)さんは恋のキューピッドだから」などと別職員が言ったりしていたが、結果、職員の望み通り私と40代男は少し仲良くなったが私は病状悪化の末、人間不信に磨きがかかり、ついでに生きる気力も削がれて就職活動は止まった。

 途中で『良い仲になればいいけど、ならなかった時の事は考えられんのかな?』って思ってたし、私も私を止めようとしなかったのは悪いのだけども。

 ちなみにその後職員らは、そういうのを繰り返してどうとか、次があるとか、そういう慰め方はしていたが、メンヘラ(私)に恋は難しい。最悪、次に行く前にヤンデレ化するか自殺するわ。

 そして職員達はこの事に対し何一つ具体的に解決する事なく、私との縁は切れた。

 というか、そもそもこういう事は解決するのが難しいか。そうならない様行動する事はできてもさ。

 

 この事業所は委託みたいな感じで別の場所でも作業をやっていたが、仕事があまりできないAさん(仮)もその作業に入れて、委託先での評判悪化。

 更にAさんも行きたがらないが、他に行ける人がいないので職員が説得。

 そして職員は私にAさんの事を話した時「委託先で可愛がられてるんでしょ? 気を使われてるんでしょ?」等の発言をしていた。

 確かに表面上、気を使われていたかもね。

 だけど、障害者をかわいがると、障害者に仕事をさせるは違うと思うし、障害者個人の能力に合う仕事を割り当てるというのも大切だと思う。

 けど、この事業所はそれができていない様だった。

 

 それとね、障害者、健常者問わず、指導力がない上司の下で働くと、危ない事になると思う。

 というか、何気に私、保健所にこの事書いて報告したんだが、まだこの事業所あるんだよね。

 改善、できてるんですかねぇ……。

 ってなりましたとさ。

 

bookwalker.jp