気が付かれなかった取り替え子

ここは、とある人物の出来事が手記として現れる、隙間の世界です

工場清掃の体験実習③

工場清掃の体験実習②

 私は、この先輩に仕事を教わって、こんな大きな工場の色々とやる事や覚える事が多い仕事ができる気がしない。

 そもそも説明も苦手でストレスになるのに、その苦痛な説明の為に、作業しながら後で聞く事をメモするっていう苦行も続けられる気がしない。

 そうなったから、一日目で不安に感じた点を就労移行支援の担当職員に相談したし、体験実習の続行はほぼ無理だって思ったし、そう思ってる時には既に精神状態は不安定だった。

 でもこの時は、動揺しちゃったし、しばらく就労移行を休んだ後にまた就職活動を再開する。次は在宅ワークの面接をしてみようかな?

 って話はしていたと思う。

 けどそれで終わらなかった。

 

 私が支援員に相談した後、ワーカーが会社側と相談したようで、支援員から会社側からこんな提案があったと連絡が来た。

 先輩は付けない。主に私一人で清掃し、食事の準備など私がまだよく分ってない事は専務が付く。

 別館の掃除は別の事務仕事を主にやってる人が付く、掃除用具も使いやすい物を揃えるというものだった。

 でもこれさ、以前にやった老人ホーム実習の時と同じになるんじゃね? ってなった。

 だって仕事を教えてくれる人が、普段は清掃とは違う事をしてる人なんだよ?

 それにまだ工場内の把握もできてないし、1日仕事について回った切り。しかも専務との話があったから初めからじゃないのに、ほぼ一人でやれと?

 いや、無理でしょ。

 実習に入る日、一日の流れを時間割りである程度説明している用紙をもらったけど、それだけじゃ足りないよ?

 それにこの求人と似たようなトイレ清掃込みの清掃の仕事なんてした事ないし、時間内に終わらせる自信もないよ?

 というか、知力と体力に自信がないから仕事覚えるまでは先輩付いての体験実習で安心してたのに、どうして安心要素を取ったし。

 あとこれね、私も考えたんだよ。会社側から提案される前に。

 断る前に代案考えてたんだわ。

 でもさ、無給でやってる職場の体験実習中に初期条件を変えて、主に作業を一人でやり、時間内に済ませるやり方を確立させていくって、どうなの?

 そもそもこんな方法を、会社に愛着すらない最近会社の存在を知ったばかりの右も左も分からない社員にすらなってない人がやるって、どうなの? ってなって、この案は却下してた。

工場清掃の体験実習④