気が付かれなかった取り替え子

ここは、とある人物の出来事が手記として現れる、隙間の世界です

こんなゲームを作りたいと思う瞬間

 ファルコムというメーカーが出しているゲームに、軌跡シリーズというRPGがある。

 私はその軌跡シリーズに何年も前に出会い、一時期ハマって零までしていた。

 今はしていないとはいえ、零の西通りのモモちゃんというモブキャラは大好きだったし、チマチマしたお使いイベントも好きだったし、話しかけ忘れたり、町めぐりが疲れる時もあったけど、町の人に細かい設定がされていて、話しかけるたびにモブキャラのストーリーを知れるのは好きだった。

 そして今では隠された謎が気になって、ストーリーやキャラ説明をしているサイトやゲームプレイ動画を見たりしている。

 すると、こんな感情が出てくるのだ。

『私もこんなゲーム作ってみたいなぁ。私ならここはこんな風にするのに』と……。

 どうも私は昔から、アニメにせよ漫画にせよ作品を見ていると、「自分が考えた最強の設定」的な事を考える時がある。

 そういえば子供の頃、この作品に別作品のキャラが出たら面白いのに……。などと考えていた事もあったなぁ。

 今思うと、同人作家さんの作品やニコニコ動画のコラ動画みたいな事を考えていたんだな。

 しかしどんな創作物でもそうだが、ゲームを作るのはとても大変な作業で、まず完成させる事は困難だろう。

 だが設定を適当に考えるのは楽だしタダである。

 なので、こんな事を軽々と考えてしまう訳だ。

 

 固定主人公無しのオムニバス式で、戦闘はイース7(古いが一番新しいイースはこれしかやっていない)みたいにサクサクぱんだ。サクサク進めるからレベル上げ要素は少な目、だけどやり込み&引継ぎ要素有で何周か楽しめる物がいい、スタイルは動き回れるRPGにアドベンチャーやシミュレーション要素を足す。分岐や恋愛要素はないけど、各操作キャラの行動によっては普通では見えないサブストーリーとかが見れるようにして、それもやり込み要素なので引継ぎも可。大まかなストーリーは各操作キャラがちょっとずつ関わって進んでいく感じで……。

 ……と、こんな感じだが、仮に実際にこんなゲームがあったとして私が満足するかは不明である。