気が付かれなかった取り替え子

ここは、とある人物の出来事が手記として現れる、隙間の世界です

見えてなかった犠牲

 私は町内会の付き合いがある場所に住んでいて、今は組長の当番が回ってきたからやっている。

 付き合いがそこそこある地区なので、グループ行動が苦手とか、人と話す事が結果的にストレスになるとか、そういう現象がある私には不安もある。

 しかし、私以外にも家庭の事情とか、各々問題を抱えている人もいる感じで、特別私が使える免除はなさそうなので、断らなかったが。

 ついでに、組長の総会で○○部とかの役員がなかなか決まらず、事前説明を聞いた限りでは「年二回の作業」との事なので、迷いつつも引き受けてしまった。

『まぁ組長の作業と合わせても年に何回もないし、猫っ被りは得意だし』

 なぁ~んて悠長な事を考えていたら、年五~六回作業があると、引き受けた後に隣に座っていたおばちゃんが教えてくれた。

 

 しかしそのお蔭で、今まで見たり考えたりしてこなかった事を発見できた。

 一つは私が引き受けた役員の作業は、主に地域のイベントをお手伝いするという物なのだが、そのイベントというのが私も多少は利用した事があるイベント関係だった事。

 そしてもう一つは、やはり他の地区でも役員決めがスムーズに決まらず、決まりを作って一定数が安定して役員になるようにしている地区もあるという事だ。

 

 普通にショックだった。そこまでしてたんだって気が付けなかった事も、そんな犠牲を知らずに利用してた事も。

 その後は、裏事情を知って尚もイベントを利用したいとは思わないや。で終わった。

 そういえばうちの地区、そういったイベントに関する意識調査的なアンケートって特にやってないけど、いいのか?

 定期でやっていった方がいい気もするけど……。

 でも、お金と手間が掛かるし無理かな。